ビジネスクラスの室内空間

こんにちは!

前回は主にクルマの走りの機能についてレポートしましたので、今回はインテリアについてお伝えできればと思います

クルマにおいてドライバーや同乗者が一番多くの時間を過ごす場所は室内空間であり、クルマを選ぶ上でも特に大切な要素であるはずですDSC05487 - コピークルマの室内空間を構成するのは、シート/内装、機能装備、メーター周り、ナビゲーション/オーディオ…と様々で、さらにそれぞれが多様な質感、感触、使いやすさ、利便性などを持っていますので、今回は特に目立った点について

今回のHighlineはウッドパネルが落ち着いた雰囲気で、シートもナパレザーのさらりとした感触が心地よく、まさにビジネスクラスです
DSC05478 - コピー夜間にはこのようになり、とても機能的な印象を受けます
まさに “Information Technology(IT)” といった感じです(笑)DSC05534 - コピー
新型Passatに乗り始めてわずか数日間ですが、ネガティブに感じられる所は皆無で、高品質かつ高級感があり、とてもいいクルマに乗っている感じです

Discover Pro(VW純正インフォテイメントシステム)は画面に手を近づけただけでメニューが表示されました
こんな些細なところにも、少しの時間も無駄にしないビジネスクラスを目指すモノづくりが感じられます

[おまけ その1]
アクセルペダルの形状が先代モデルから変更になっていると思われます
(所有するUp!と同じ部品が装着されており、乗り換えても違和感はありません)DSC05473 - コピー[おまけ その2]
新型Passatのキーは、私が所有するモデルのキーとは形状が異なります
左から Up!のスペアキー(リモコンキーもあります)、GolfVariant(Ⅵ)、新型PassatですDSC05549 - コピー
新型Passatのキーは非常に薄く、ポケット内でも邪魔にならないのが良いです

時代を感じますが Up!のキーも “クルマ!”って感じがして好きです(笑)