確かな存在感

こんにちは!

“New Passatと暮らす30日” は早くも中盤に差し掛かりましたが、今回は夏季休暇を利用して新型Passatで那須・白河へロングドライブに出掛けました

目的地への距離は福島県西白河郡の宿泊先まで東北道を経由して約200kmです

[DAY 1]
あいにくの天気

東北道の前方視界は走行にかなりの悪条件であったものの、新型Passatの安全装備であるアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストシステム、そしてレーンチェンジアシストシステムが突然の豪雨の中でも問題なく機能し、かなり安心して移動することができました

初日はあいにくの天気だったので、宿泊先のホテルでゆっくりしました
夕食は鉄板焼のコースでフォアグラや福島牛ステーキなどを堪能しました
DSC05578 - コピーDSC05592 - コピー

[DAY 2]
気を取り直して出発

二日目は晴天に恵まれ、いざ出発です!
DSC05608 - コピー

白河から那須へ移動
サンルーフをオープンにしてみると、エアコン使用時にはサンルーフは閉じるようクルマにアドバイスされましたので、その通りに従いました(笑)
DSC05735 - コピー

家族で那須を楽しむ
果物狩りや動物のいる施設で楽しみました
DSC05622 - コピー DSC05718 - コピー

新型Passatが注目に
お土産の調達で立ち寄ったショップで、他の客の方に「Passatいいねー」と仰っていただき、アンバサダーとして少しばかりアピールさせてもらいました(笑)

那須町は景観を維持するための条例があり、看板などに派手なカラーは使えず、主にブラウン系のカラーが多用されています
今回のブラックオークブラウンメタリックの新型Passatはその風景に自然な存在感があると感じましたDSC05723 - コピー

[帰路]
家族みんな楽しい思い出が作れて、東北道那須ICから自宅へ向かいます
途中までは妻に運転してもらい、リアシートで休憩です
DSC05746 - コピー
家族も新型Passatについては「乗っていて疲れない/運転もラク!」とのことで、今回のロングドライブでは家族にもしっかりアピールできたかなと思いました

次の買い替え時には新型Passatが愛車になればいいなーと少しばかり期待しながら無事に帰宅です(笑)