洗車したら気がついた パート2

みなさんこんにちは!

最近は台風が来たり、雨が降ったりとあいにくの天気が続く中、なかなか洗車ができなくてソワソワしている僕ですが、ようやく久しぶりに洗車ができました(^_^)

そんな中、前回お届けした「洗車したら気がついた」につづいてそのパート2をお届けします。

1.カーテシランプ

カーテシランプとは、、、
自動車のサイドドアの内側下部に付いており、ドアの開閉と連動して点灯・消灯する。車に乗り降りする人の足元を照らしたり、後続車にドアが開いていることを知らせ、特に夜間の安全性を向上させる役割がある。-Wikipediaより-

Golf Variantのカーテシランプはダミーのような反射板になっていて、点灯させるためには後付の社外品や本国純正品に交換する必要があるのですが、なんとNew Passat Variantではそのカーテシランプが最初から装着されていました。羨ましい!
IMG_1886
下から除くとLEDランプが光っているのがよくわかります。後方からドアが開いた状態だと赤くカーテシランプが点灯して見え、さらにドア下の足元を白いLEDランプが明るく照らしてくれます。

2.BlueMotionのバッジ

BlueMotion Technologies(低燃費と低エミッションを徹底追及したモデル)搭載車である証としてリアハッチに装着されているバッジのデザインが、GolfVariantとNew PassatVariantで違っていました。

こちらがGolf Variantのバッジ
IMG_1897

そしてこちらがNew Passat Variantのバッジ
IMG_1895

TSIのバッジは同じデザインなんですが、BLUEMOTIONバッジは貼ってある位置もデザインも違っていました。まぁこれは好みの問題なのでしょうが、個人的にはPassatのほうが好きですね(^_^)

3.フロントのVWのロゴ

フォルクスワーゲンの「VW」という大きなロゴマークがフロントグリルの中央に設置されています。
しかしよく見てみると、ここもGolfVariantとNew PassatVariantでは違っていました。

こちらがGolfVariant
IMG_1227

そしてこちらがNew Passat Variant
IMG_1226

何が違うか分かりますでしょうか?
よく見ると、Golfのほうはロゴのデザインが立体的になっていて、VWとその下の黒の部分に段差がありますが、New Passatのほうは段差がなくまっ平らになっています。

理由としては、Golfのほうはプリクラッシュブレーキシステム等のレーダーが、ナンバー下のこの部分、
IMG_9670
に装着されているようですが、New Passatの場合、「VW」のロゴの裏側にそのレーダー等が配置されているようです。
確かにナンバー下にレーダーがないほうが見た目的にもスッキリしていていいですよね!

4.Keyless Access

これはその他の搭載車種でも言えることなのかもしれないですが、洗車をするときにポケットに車の鍵を入れておいてスポンジなどで車を洗ったり、吹き上げをしていると、、、、
ドアノブの内側を洗う・拭く → 鍵が閉まる
外を洗う・拭く       → 鍵が開く
を繰り返すので、若干煩わしいです(笑)
さらに、洗車用ホースがリアバンパー下をずるずると通過したところ、リアテールゲートのEasy Openがいきなり作動してビックリしました(笑)
そうならないように、車内に鍵は放置してドアを解錠した状態で洗車することをオススメします(^_^)

 

こう見ているだけでも、共通して使われていると思っていた部品も意外と車種によって違うことがわかりますよね。こんな楽しみも探してみてはいかがでしょうか?(^_^)