VW車の安全哲学

みなさんこんにちは!

雨も滴るいい車、New Passat Variantです。
IMG_1095

僕が初めて乗ったVW車はGolf VariantVをベースにしたVI顔のHighlineでした。それからGolf VIIベース、MQBモジュールのVariantに乗り換えました。その間もフォルクスワーゲン相模原橋本店のイケメン営業N氏に様々なVW車を試乗させてもらいましたが、共通して一番僕が感心したVW車の装備をご紹介します。

実はこの装備は僕が感じるに実に地味なものだと思います。しかし、こういった地味なものをひっそりと、そしてしっかりと搭載しているVWの安全に対するクルマづくりの哲学に僕は非常に感銘を受けました。

それは、「夜になると自発光式メーターの照度が落ちて真っ黒になる」ということです。

実に地味ですよね。そして何を言ってるのかよくわからない?と思われる方も多いと思いますのでご説明します。
まずはこの写真です。昼間、オートライトはOFF、もちろんライトもOFFの状態で撮影したメーターパネルです。
IMG_1298

次は同様にオートライトOFFですが、ライトはONにしています。
どこが違うか?それは、メーターパネルの文字の部分をよく見て下さい。よーくみるとライトがONになっている分、少し白っぽく明るくなっています。IMG_1299

そして最後の写真がこちらです。これはトンネル内の信号で、オートライトOFF、ライトOFFの状態で撮影したメーターパネルです。
違いが分かりますでしょうか?違いは、メーターが真っ暗ですよね。文字の部分をよく見ると2枚目の写真と違いは一目瞭然です。
IMG_3297

じつはNew Passat VariantをはじめとするVW車にはこのようにメーター内に照明センサーが付いていて、周りの明るさに合わせて自動的にメーター照明濃度を調整してくれる優れた装備がひっそりと装着されています!
ですので、三枚目の写真のように暗いトンネル内に入ると、ドライバーにライトを付けさせようとメーターが暗くなるわけです。

しかし、一般的な国産車の多くの自発光式メーターは、照明センサーがないために昼も夜も明るいままになっています(僕の独断ですが・・・(^_^;))

皆さんが運転中、夕暮れから夜になっても一向にライトを付けず、真っ暗な状態で運転している車を見かけたことはないでしょうか?

それは恐らく照明センサーがなく、夜になっても煌々と明るくメーターが見えるため、ライトをオンにする必要性をあまり感じず、いつまでもライトをつけないのではないかと思います。(これも僕の独断です(^_^;))

夜に向けて刻々と変化する道路状況を的確に確認し、早めにライト点灯をするのがドライバーとしてするべき安全運転だと思います。そういった日常の安全運転のサポートをささやかながらにしてくれるVW車の安全に対する考え方はどうでしょう?

今回お話した内容は、僕が今後もVW車をずっと乗り続けたいと決めた1つの要因でもあります(^_^)
そんな安全へのこだわりが詰まったNew Passat Variantをぜひ体験してみてください。

ワンコもゴキゲン☆

こんにちは!

突然ですが、みなさんは何かペットを飼っていますか?(^_^)
僕は9歳になるパピヨンを飼っていて一緒に楽しく生活しています。今や家族の一員となったペットを連れて車でお出かけ、、、そんなシチュエーションって増えましたよね!

今日はNew Passat Variantでペットと一緒にお出かけ!をお届けしたいと思います。

まずはペットを車で連れて移動する場合の必需品がこれ、「キャリー」ですよね。うちのワンコは体重5〜6kgの小型犬なので助手席にちょうど収まるぐらいのキャリーを使っています。室内スペースも広くなったNew Passat Variantならば余裕で積込み可能です。
中型〜大型犬を飼ってらっしゃる方であれば、フォルクスワーゲン純正アクセサリーの「フラットベッド」を使うのもいいですね。
IMG_1370

ちなみに散歩グッズと撮影用の三脚はトランクのこのスペースを活用しました。ピッタリです!
IMG_1372

さて、ワンコとのデートの目的地は「県立あいかわ公園」にしました。この公園は相模川水系の中津川に建設された宮ヶ瀬ダム直下にある河岸段丘状に広がる公園です。子どもたちが遊べるスペースがたくさんあるのでお子様連れのご家族でも一日楽しむことができます(^_^)
IMG_1380

移動中、大人しくキャリーで待っていたワンコの散歩準備のためにトランクへ移動。小型犬サイズのキャリーであれば、トランクにおいてもこれだけの余裕があります。New Passat Variantの650Lのラゲッジスペースは伊達ではありません。平積みなら4個は楽勝で入り、二段したら(仮に)8個はキャリーが積めそうです。
IMG_1384

 

公園案内を見て、ひとまず宮ヶ瀬ダムまで歩いてみることにしました。IMG_1394

すると早速ワンコもびっくりな下り坂。さすがは段丘上の公園です。心なしかワンコの背中から「これ下ったら、登るんだよね・・・?(・。・;」と聞こえてきそうです(^_^;)
IMG_1393

宮ヶ瀬ダムまで歩いてみたところ、観光放水の日だったのでこんな風景を見ることができました。夏の暑い日、ダムから放水される水がミストとなって周りの気温を下げてくれてとても気持ちが良かったです。

運転手だってゴキゲンなワーゲン、もちろんワンコだってゴキゲンです☆
みなさんも大切なペットと一緒にゴキゲンワーゲンしてみてください(^_^)
注)停止中に撮影しました。運転中、運転席から顔を出させるのは危ないですからね(^_^)
IMG_1463

謎のオレンジランプ

みなさんこんにちは!

現在ラインナップされているフォルクスワーゲン車の多くには、様々な安全装備が標準で採用されています。特にNew Passat Variantでは、「全方位アドバンスド・セーフティ」というテーマのもと、ドライバーがより「安全」に運転できることに対して極めて高度な安全テクノロジーのパッケージを装備しています。
そんな安全装備の1つであり、Golf Variantにはないテクノロジー、「Side Assist Plus」を今日はご紹介します(^_^)

みなさん自動車を運転中に「ハッ!」っとヒヤリとした経験を思い出してみてください。
例えば、交差点を左折しようとしたら歩行者や自転車が死角から突然現れてぶつかりそうになった、高速道路で車線変更をしようとしたら死角に車がいてぶつかりそうになった、などそんな経験はないでしょうか。

車線を変更する場合、
1.サイドミラーで確認(右or左よし)
2.目視で斜め後方を確認(右後方or左後方よし)
という手順で、死角の安全確認を教習所でしたことでしょう。

このようなドライバーの死角から接近する他車を監視して、ドライバーに注意喚起する謎のオレンジランプこそが、「Side Assist Plus」です。

New Passat Variantのサイドミラーには写真の緑丸のところにインジケーターがついています。
IMG_1000

10km/h以上での走行時にこのシステムは作動を始めます。写真右下、緑丸の中に「サイドミラー」のマークが点灯します。
IMG_1275

※仕様変更にともない、「レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”」のサイドミラーアイコン(コンビネーションメーター内)の点灯表示がなくなりました。


この状態で、後方から接近する他車がいるとインジケーターの黒い部分がオレンジ色に点灯します。そして、その他車に気が付かずに車線変更を試みると、インジケーターが点滅して、ステアリングホイールを振動し、ドライバーに警告を行います!さらにすごいのは、そのまま車線変更しようとするとステアリングを自動補正し、接触の回避まで試みてくれるのです!
なんとまぁすごい時代になったものですよね(^_^;)そろそろナイトライダーK.I.T.Tのように「危ないですよ、けんころ」なんて言って自動的にステアリングを操作してくれる日が近づいたのではないでしょうか(^_^)

話がちょっとそれましたが、実際にインジケーターが点灯しているのがこの写真です。右後方に軽自動車がいることで、インジケーターがオレンジ色に点灯しているのが分かりますでしょうか?レーダーの範囲から他車がいなくなるとフェードアウトするように色が消えていきます。
*写真は後部座席より妻に撮ってもらっていますのでご安心を(^_^)
IMG_1151-2

先日、二車線の道路を走行中、車線変更しようかな?とサイドミラーをみたところ車はいない。ただ、インジケーターがオレンジ色に点灯している。あれ?とおもって左後方を見たらほぼ真横の死角に他車がいた、なんてことが実際にありました。
こういったヒヤリハットを未然に防げる「Side Assist Plus」ってすごいテクノロジーですよね!

こういった先進の安全装備が標準でついてくるフォルクスワーゲンの車に乗ることで、自分の大切な家族や相手の家族を危険から守ることができる先進のテクノロジー、ぜひフォルクスワーゲンのディーラーで体験してみてください(^_^)

 

洗車したら気がついた

みなさんこんにちは!
連日の猛暑も若干落ち着いてきたものの、今度はゲリラ豪雨が襲ってくるようになってきた毎日いかがお過ごしでしょうか(^_^)

先日、プチドライブで服部牧場に行った際と、ゲリラ豪雨に襲われて車が汚れてしまったので、車をお借りして早4日目にして早速初洗車してみました。

IMG_1230 (1)
僕は二十歳で自分の車を買ってからというもの、自分で手洗い洗車しかしたことがない、自他共に認める(他は知りませんが・・)洗車好きです(^_^;)
ガソリンスタンドの洗車機にも手洗い洗車もしたことがなく、唯一あるとすればディーラーで洗っていただく以外は、原則自ら手洗いが基本です。
手洗い洗車をすることは場所も時間も手間もかかって大変です。しかし、愛車に一番近く接することができる時間だから大切にしています。

あれ?こんな傷いつ付いたんだろう?
ホイールが洗いずらいなぁ。
こんなところも汚れるんだなぁ。
こんなボディラインしてるんだなぁ。

などと、色々なことを気づかせてくれます。

例えば、普段はなかなか開けることがない、給油口の蓋。僕のGolf Variantもそうですが、この給油口の蓋の裏側に洗車後は水がよくたまります。こんなところもピカピカにしてあげると、キモチが良いですよね!その昔、ガソリンスタンドでアルバイトしていた頃、この給油口の内側をキレイにしているドライバーに合うと、「おお、こんなところまでキレイにしてる。車が好きなんだなぁ。」と思ったものです。
ちなみに、写真中央給油キャップの真下に排水用の小さな穴が空いていますが地味に水はたまります。また、給油口の蓋とボディの真ん中に穴が空いていますよね?そこに給油中、キャップを固定することができます。国産車だと蓋の裏側につける場合もありますが、こういう地味に便利なところもVW車らしいですよね(^_^)
IMG_1231

 

キャップ固定後はこんな感じです。
IMG_1200

夕方の涼しくなった時間に40分ほどかけて洗車して、ピッカピカになりました☆
綺麗な車は乗っていても気持ちがいいものです(^_^)
IMG_1234-2

 

洗車していて気がついたことといえば、Golf VariantにもついているルーフレールがNew Passat Variantとはちょっと違うんですね。
Golf Variantはこんな感じ。屋根とレールの間に隙間があります。接合部分は黒いプラスチックになっています。
IMG_1237

しかし、New Passat Variantはこの隙間がありません。audiやBWMなんかもそうですよね。地味なところですが、こういったデザインも車のかっこよさ、まとまりの良さにつながり、車格の違いを感じてしまいました(^_^;)
IMG_1238-2

最近おざなりな愛車Golf VariantとNew Passat Variant。両車ともカッコいいです。
IMG_1241

緑に映えるボディカラー

みなさんこんにちは!
今回はボディカラーについてお話したいと思います。

今までに僕が乗ってきた車のボディカラーは、ホワイト、シルバー、ガンメタリック、ホワイト、レッド、オレンジ、ブルー、ブラックと割と単色の定番カラーが多かったのですが、今回お借りしたNew Passat Variantのボディーカラーは「クリムゾンレッドメタリック」という自分でも初めて体験するカラーです。

そんなボディーカラーが映えるようなところで写真が撮りたいな、と思い、フォルクスワーゲン相模原橋本店で車をお借りし、音楽の設定を済ませたあと、とりあえず山の方へ車を走らせてみました。
記録として、今回お借りした時点の車の走行距離は830kmでした。はたして車を返却するまでにこの距離がどれくらいまで伸びるかもちょっとした楽しみです。IMG_0999

ディーラーから40〜45分車を走らせるとあっという間に丹沢山地に差し掛かります。プチドライブの目的地は、神奈川県下随一の広大な10haという規模の農場、「服部牧場」にしました。若干の曇り空ですが背後に丹沢山地を望み、グリーンの大地に佇むNew Passat Variant。濃く明るい赤色と若干青みを含むようなカラーが山々と地面のグリーンによく映えますよね。とても魅力的で美しい色です、クリムゾンレッドメタリック。
IMG_1003

 

New Passat Variantにはクリムゾンレッドメタリックを含む9種類のボディカラーが用意されています。僕が乗っているGolf Variantと同じディープブラックパールエフェクトもあります。黒もオススメですよ(^_^)
IMG_1176

さて、せっかくのプチドライブです。ドライブといえば欠かせないのがグルメです。ここ服部牧場には牧場らしくソーセージ工房とアイス工房が隣接しています。また、牛、馬、羊やシマウマまで目の前で見ることができるのでちょっとした動物園気分を満喫できます。
IMG_1022 (1)

IMG_1016 (1)

 

普段はなかなか見ることができない農機やトラクターを間近で見ることができます。また小さなお子様ならば乗ることもできますよ(^_^)
IMG_1024 (1)

動物を見終わったあとはソーセージ工房でホットドッグとドイツ産のノンアルコールビールをいただきました!ソーセージがパンからはみ出していておっきい!そして旨い!出来立てアツアツなのでソーセージはプリプリ、パンはサクサクでした(^_^)
IMG_1034 (1)

そして食後はデザートにジェラートです。夏のこの時期、火照った体を冷やしてくれるアイスはたまりません。
IMG_1038 (1)

 

クリムゾンレッドメタリックというボディーカラーには、パールも入っているので夜の光に照らされると更に違った顔を見せてくれるはずです。それはまたの機会に。
IMG_1044 (1)

ドライブに音楽はつきもの

みなさんこんにちは(^_^)

車が納車されたら皆さんすることといえば、やはり音楽ですよね。いつものラジオを聴けるように、iPodの音楽を再生できるようになどなど音楽の楽しみ方は様々です。僕はラジオはNack5をよく聴き、音楽はiPhoneを使って再生しています。まずは、New Passat Variantでいつもの音楽を聴けるようにしてみましょう!

New Passat Variant Highlineには、VW純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”が標準装備されています。このDiscover ProではBluetoothオーディオ再生機能があるので、それを設定してみます。

まずは、MEDIAボタンからBluetoothデバイスを検索します。この時、対象となるスマートフォン(僕の場合はiPhone6)のBluetoothをONにしておきます。
IMG_1205

Bluetoothのペアリング機能によってお互いが接続しあうと以下の様なメッセージが現れますので、接続をします。Bluetoothのイヤフォンなどを普段使っている方であれば、馴染みの手順ですよね。
IMG_1206-2

無事にiPhone6と接続が完了しました。Musicアプリから好きな音楽がケーブルなしで再生できます!ケーブルって意外と邪魔なので非常にスッキリしますよね(^_^)
ちなみにこのBluetoothでつながっている状態だと、“ハンズフリー通話機能”を使って、ハンドルから手を離すことなく、またスマートフォンなどを手に持つことなく、通話することもできます、これがまた非常に便利です!
IMG_1208

 

ちなみに、Golf Variantではどのように接続していたかというと、小物いれの中にある“MEDIA IN”というところに接続ケーブルを差し込んでiPodを繋いでいました。ただ、このケーブルが30pin Dockコネクタという昔のiPhoneやiPodの規格だったのですぐ使わなくなってしまいました(^_^;) ただ、Lightningコネクタ用のケーブルもあるそうなので、充電しつつ音楽を再生するならばそれを購入するのも一つの手ですね。もちろん、Discover Pro装着のGolf Variantであれば、Passatと同じようにBluetoothオーディオ再生も利用できますよ!
IMG_1214

最後に、自分好みの音の調整をしたら完璧です。調整もタッチパネルで簡単にできます。ここまで時間にするとわずか2〜3分です。
IMG_1209

車を通勤、レジャー、ドライブ、買い物、何に使うにしても音楽は必ず運転と共にありますよね。Discover Proを使えば音楽も簡単に聴くことができますので、運転する楽しみが一つ増えますね!

気になる音質や、Discover Proのナビの使い勝手などはまたのちほど。

Passat Variantアンバサダー始めました!

フォルクスワーゲンのNew Passatが気になってこのサイトにいらっしゃった皆様こんにちは、はじめまして。フォルクスワーゲンユーザー歴4年半、現行ゴルフヴァリアントに乗る、けんころといいます。

このたび、全国大勢の応募者の中から栄えあるNew Passat Variantアンバサダーに任命していただき、これから30日間にわたってNew Passat Variantとともに暮らし、クルマ好き素人目線でNew Passat Variantに関する色々なことをブログに書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

早速ですが、ブログ公開に先立って8月8日土曜日(パパの日ならぬパサートパサートの日ですね)に30日間お借りする車両を引き取りに、我らが敏腕営業N氏がいるフォルクスワーゲン相模原橋本へ行ってきました。

IMG_0969

お店に到着後、フォルクスワーゲンジャパン担当者の方などから今回のアンバサダーについての説明をしていただき、ブログだけならぬtwitterやFacebookなどのSNSにて多くの人にこのことを広めていこうと決意しました。

そして早速、30日間にわたって一緒に暮らす相棒を紹介です。
「Passat Variant TSI Highline」、カラーはなんと受注生産(有償オプション)のクリムゾンレッドメタリックでした!vw_08aug2015_DSC4394

いつも大変お世話になっている敏腕営業N氏による車両の説明が始まりました。
・・・・と、いいつつ実は約3週間前に既にPassat Variantをディーラーに見に来ており、さらにそこで試乗もしていたのでほとんどの機能は分かっているのでした・・・(^_^)vw_08aug2015_DSC4407

気になっていたトランクの開閉の部分で色々と教えてもらっている様子です。
何が気になったか?それは後々ブログに書いていきたいと思います。
それにしても同行していただいたプロカメラマンの腕の良いこと・・・。とても綺麗に撮っていただいて感激です(^_^)vw_08aug2015_DSC4417

 

そして一通り出発前の説明を済ませたところで、車体全体を入れてのツーショットの撮影。vw_08aug2015_DSC4495

これから30日間一緒に暮らしていく相棒にヨロシクと挨拶をします。
車だって大事に接していってあげれば、必ず何かあった時に守ってくれる。車とキモチが通じ合うようにしてあげるのが僕の乗り方です。IMG_0994

こういうキーの見せ方がフォルクスワーゲンらしくでいいですよね。気取らないおしゃれ。
そしてこの新しいキーを受け取って早速出発します。関係者の方々に見つめられながら車に乗り込むのは非常に緊張しました(笑)IMG_0998

 

そしてカメラマンに笑顔で手を振り、30日間の生活に出発です(^_^)vw_08aug2015_DSC4568

 

これから30日間に渡ってブログに様々なことを書いていくわけですが、正直、こういうことは初めてなので上手にお伝えできるかは心配です。ただ、書き手のプロではないので、イチユーザー視点から、特にライバル車にもなりうる現行ゴルフヴァリアントとの比較などをお届け出来たら良いなと思っています。Passat Variantで気になっているところなどありましたら、ぜひコメント残して下さい。

新しいPassat Variantとゴキゲンな30日間を楽しみたいと思います☆IMG_0985